もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ: コーヒーの外側から( 46 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 片手持ちは難しい semスキン用のアイコン02

  

2015年 06月 18日

●タブレットのことです

思い立ってタブレット端末を手に入れました。
まだ道具になりきっていませんが、そのうち慣れると信じつつ。

***
メサ・グランデで開催中のboard gameカフェですが、
私の出番は来週まで。
コーヒーはもちろんですが、ビールもいくつか用意しています。
今週からcoedo beerを加えました。
紅赤・・・なんて素敵な(くりむぞんれっど??)・・・も数量限定ながら扱います。
ゲームのおともに楽しんでください。

a0165239_2282058.jpg

[PR]

by mottano | 2015-06-18 22:09 |  コーヒーの外側から | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 知りたがりなので知りたくなる semスキン用のアイコン02

  

2014年 12月 18日

●ビールの味わいも面白い

単純に美味しかったです。

いろんなことを考えました。
技術がありレシピが伝われば、大概のビールは製造可能です。
実際、日本でも各地で『地ビール』は生産されています。

地方からの声、地元からの声、地域からの声では
地産地消だとか国内農業を擁護しようとか、
そんな声もあるのですが、
いつの間にか、大手メーカーが同じことをやろうとしています。

・・・これからが第2幕。
「良いものが淘汰され生き残る」、表向きはそうなります。
でも世の中は一筋縄では行かない。
生き残るための器量を備えていれば、生き残れる。

多少酔ってきたので、この辺で。
a0165239_21402751.jpg

[PR]

by mottano | 2014-12-18 21:41 |  コーヒーの外側から | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 米屋さんとの気になる会話 semスキン用のアイコン02

  

2014年 07月 28日

●新米、新米っていうけどね

もうぼちぼち極早稲が流通し始めていますが、
そんな話題を持ち出した時のこと。

「出始めは味が落ち着かないんだよね」

・・・これを聞いたときにコーヒーのことで思い当たることがありました。
かつてBSCAで水洗ものと非水洗式を、一緒のコンペに掛けられないといった話題。

考えることは洋の東西を問わず。
[PR]

by mottano | 2014-07-28 22:06 |  コーヒーの外側から | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 亀の尾をいただく semスキン用のアイコン02

  

2014年 02月 24日

●うまかったっす

亀の尾という、おコメの品種の話題。
ご存知の方には説明不要でしょう。
現代国産米のほとんどの銘柄にとっての遺伝的ご先祖。
または、酒造好適米、幻の銘柄として。

いつもお世話になっているメサ・グランデで今週、岩手県フェアを企画していて、
その一環として亀の尾をごはんでいただくことができます。
http://mesa-grande.blogspot.jp/2014/02/blog-post_21.html

今日は晩ご飯をいただきに伺いました。
a0165239_21244057.jpg


ここの食事は初めてでしたが、おいしいです。
夜はかなり落ち着いた雰囲気でいただけるので、この点もうれしいです。
家庭で毎日こんな食事だったら有難いだろうなと思える構成、味わいでした。

肝心の亀の尾はどうか。
1回の食事では何とも言えません。
同じものを一定期間食べ続けると、いろいろと情報が蓄積できて感覚的にわかると思います。
試しにお米のままでの販売を問い合わせましたがNGでした。

知りたがりなので、また機会があれば食べてみたいとおもいます。
コメの分野で行われる品種改良や開発の技術や話題は、コーヒーにも通じる部分です。
また発見があれば報告したいと思います。
[PR]

by mottano | 2014-02-24 21:37 |  コーヒーの外側から | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 グランドキリン semスキン用のアイコン02

  

2013年 10月 13日

●新しいものは試してみる

ビールとコーヒー、違うカテゴリーの飲み物ですが、共通点もあります。
おとなの飲み物であること、苦味がポイントになっていること。

新製品や、変わった銘柄を見つけるたびに試飲して、
面白かったものはさらに買い足して味わいを覚えておくようにします。
トレンドウォッチングにもなりますし、ヒントを得ることもあります。

***
さて今回は大手メーカーのプレミアム品。
苦味が支配的ですが、フルーティな感覚や品の良い香りが共存している所に充実を感じます。
これもヒントです。
a0165239_1954450.jpg

[PR]

by mottano | 2013-10-13 19:55 |  コーヒーの外側から | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ブラックカラントを調理してみた semスキン用のアイコン02

  

2013年 07月 06日

●まーあたりまえのことなんだけどね

ブラックカラント、スーパーのポップではジャムなど加工用にどぞってありましたが、
100g程度しか手元にないしジャム作りは難しい。
(抱えるほど買って帰るとお財布がすごいことになる)
昨夜のうちに生で食べて考えました。やたら酸っぱい。

というわけで先ほどのブランチに、ホットケーキを焼いてみました。
生の感覚を思い出しては、甘みのある素材や香辛料を加えて。
焼いている最中にブラックカラントが裂けて真っ赤な果汁が流れ出すのですが、これがまた美しい。

できあがり図。(接写です)
a0165239_14493984.jpg


キッズには嫌われそうな、甘酸っぱく味わい深いケーキが焼けました。
これだけでも単純に面白いのですが、
コーヒーつながりということでいえば、
「酸味を輝かせるのは甘味の存在」というベーシックな事実。
お肉の旨味を引き出すのは塩味、みたいな関係かと思います。
[PR]

by mottano | 2013-07-06 14:54 |  コーヒーの外側から | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 カレーの因数分解、のようなこと semスキン用のアイコン02

  

2013年 02月 18日

●メーカーごとにちょっと違う

カレー粉にはブレンドのヒントがあると思っています。
現在いろんな香辛料のブランドでカレー粉が販売されていますが、
みなそれぞれに持ち味が異なり、それでもみな「カレーらしさ」がしっかりとある。

色あい、辛味、旨味、香り、個包装されたパッケージのスパイスを味見しながら、
容器にいれて混合。さらに弱火で加熱。

何度やってもマジカルな体験です。
a0165239_20394199.jpg

[PR]

by mottano | 2013-02-18 20:40 |  コーヒーの外側から | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 香りは炭酸ガスが連れて行く semスキン用のアイコン02

  

2013年 02月 12日

●冬の楽しみからヒント

暦の上では春到来ですが、まだまだ寒い。
特別お酒好きでもないのですが、冬場は味見を兼ねて蒸留酒をいただく機会が増えます。
個人的な好みではウィスキーまたはジン。
ちいさなグラスでちびちびといただきます。

ハイボールが良い例ですが、発泡性の水はお酒の香りをよく引き出してくれると思います。
ストレートで飲む時も最後にちょっと炭酸水を足して香りを確かめたりしています。
・・・これがヒント。

コーヒーの香りを味わう手段としても使えないかな、と思うのです。
試しに飲み残しのカップに発泡水を足してみると、
カップの底から香りが増幅されるのがよく感じ取れます。

そうそう炭酸ガスと言えば,煎りたてのコーヒー豆にたくさん含まれます。
煎りたての豆が香り高く感じるのも、これと関係あるのでしょう。
逆に「デガス」した、真空処理パッケージの豆はどうなんだろ?(言えないから確かめてみて)

ご興味があればお試しください。
a0165239_23501389.jpg

[PR]

by mottano | 2013-02-12 23:57 |  コーヒーの外側から | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ハンディキャップを考える semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 09日

●現在故障者リスト入りしています

昨日の午後に腰を痛めて、現在静養中です。
運良く?スケジュールが月曜まで融通できるので、ここまでは休養モードにします。

 ***
常々思うことですが、人の痛みなんてものは頭ではわからない。
自分の体験を通して何が不自由なのかを身体に刻み込むものだと思います。

そうした意味では今回の故障は良い機会です。
合間にコーヒーをいれてみて、
身体の自由が利かない時にでも楽しめるコーヒーのいれ方などを検証してみたいと思います。

プロやマニア、広く言えば健常な人たちの楽しみから、
もっともっと広く「癒しやよろこびを欲している」人たちの楽しみへ。
そんなコーヒーのあり方を伝え拡げたいと思っています。
[PR]

by mottano | 2011-04-09 16:04 |  コーヒーの外側から | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 簡単そうで、でもちがう semスキン用のアイコン02

  

2011年 01月 05日

●アイロン掛けの例

高級な衣装の持ち合わせはないのですが、服や持ち物は大事にします。
衣類の手入れは見た目の印象を変えると思っています。
普通の品質の服装でも、手入れ次第で変わるのだと。

 ***
アイロンがけをして思うことですが、「簡単そうなものほど難しい」。
例えばシャツ。
柄物は割とごまかしが利くのですが、無地のブロード生地ほど逃げ場がないものはない。
また、ハンカチのような平凡なアイテムでも、
四角いものを四角に仕上げることは意外に困難です。

これってコーヒーと逆の関係(コーヒーは難しそうでシンプルだから)じゃないかと。
(きっと未知のコツがあるのだろうけど)
[PR]

by mottano | 2011-01-05 06:56 |  コーヒーの外側から | Comments(0)