もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2010年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 今日の講座:よみうり文化センター町田 semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 31日

さきほど機材の片付けが終わりました。ようやく一息ついています。

●「手軽でおいしいコーヒーのいれ方:1回目」
    デモンストレーション1:3人のお客様に提供するコーヒーのシミュレーション
    デモンストレーション2:テキストの「レシピ1」
    受講者による実習
    器具の話:ペーパードリップ器具、ドリップポットについて
    今回の教材コーヒー:コスタリカSHG シティロースト
    今回のコーヒーの友達:ギモーヴ(ふわふわの生菓子でフルーツ味)

 ***
いれかたのポイントはたくさんありますが、大事なところから順に押さえて行きます。
どんどんおいしくなる受講者のコーヒーがうれしいです。

次回は2/7(sun)です。またたのしい時間にしましょう。
[PR]

by mottano | 2010-01-31 21:24 |  アナウンス・活動報告 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 読書は楽しい semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 31日

どんなイメージを抱き、それをどう形にしたか。-本文より-
とても刺激になる一冊です。

●『ブランジュリ タケウチ どこにもないパンの考え方』 竹内久典著、柴田書店刊

パンは好物のひとつで、おいしいパン屋さんは足を伸ばしてでも行きたくなります。
(コーヒーではあまりやらないのですけど)
ブランジュリ タケウチは大阪にあるのですが、ここもそのひとつ。

この本にはレシピがありません。著者が何を考えているのかが書かれています。
決して当人にとってはラクチンなことではないけれど、
『考えること、手を動かしてモノをつくること、オリジナリティのあるものを目指すこと』の
楽しみを教えてくれます。

仕事柄コーヒーの本はいろいろ目を通します。
しかし、新たに思いつくことや、そのヒントはコーヒーの外側から得ることが多いです。
どの分野でも共通することでしょうが、専門の中にいると、既知の常識にとらわれやすくなります。
仕事とは直接結びつかない、様々なことを知ることが大事だと思っています。
[PR]

by mottano | 2010-01-31 10:41 |  本棚 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 いつも同じ味わいが欲しい semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 30日

しばしば、『いつも同じ味わいにならない』との話を伺います。
考え方により、求めるものにより答えは様々です。主に以下の原因が考えられます。

    a:いれかたで変わる(手順、技術)
    b:器具の特性による(器具の自由度)
    c:コーヒー豆に理由がある(鮮度の高いコーヒー豆ほど変化するという事実)

一般的にできる対処としては、aとbをどうにかする。手順をマニュアル化したり、
技術的に安定させること。それから、安定性の高い器具を選ぶこと。
経験数をこなすこと、しくみを理解することである程度解決に向かいます。
ただし、「ムダに難しくしないこと」。コーヒーが苦痛または退屈になる恐れがあります。

cに関しては、広く知られていないことかも知れません。
安定した味わいが目的なら、加工からの時間が経過してしまったコーヒーほど
適当ものはありません。この場合飲んでおいしいかどうかは、感じ方の問題です。

ひとつ言えること。コーヒーの「最も魅力的な部分」、香りのピークや、
デリケートな味わいは味わいが安定することと引き換えに失われます。

 ***
こういうことを考えると、コーヒーの味わいは常に安定していなくてはならないのか?
と考えさせられます。どう思いますか?
[PR]

by mottano | 2010-01-30 16:21 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ★コーヒーの講師をしています semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 30日

●「手軽でおいしいコーヒーのいれかた」をテーマに話をします。
 おいしいコーヒーのいれ方からスタートします。

    ・コーヒーのいれかた、一般的なコツ、ヒント
    ・ペーパードリップ器具(コーノ式またはハリオ式、円錐フィルターを使います)の体験/実習
    ・世界各地のコーヒーを楽しむ

身近な人にコーヒーを提供して「ごちそうさま」の声が楽しみになります。
コーヒーに関心が深まったら、さまざまなコンテンツで好奇心を刺激します。
コーヒーを趣味にしている方、コーヒービジネスのきっかけが欲しい方にもお勧めします。
言葉だけでは伝えきれないことが、目で見ることや体験により身近なものとなります。

 ***
「よみうりカルチャー町田」
http://www.ybc-machida.com/new/index_syumi_kurasi/detail/0872.html

「よみうりカルチャー大森」
http://www.ync.ne.jp/center/omori.htm
「料理」のカテゴリからリンクします。
[PR]

by mottano | 2010-01-30 15:47 | ★リンク | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 冬はあたたかく semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 29日

●暦の上ではすでに春ですが、まだ朝晩は冷えますね。こんなときに、ひと工夫。

少しでもあたたかいコーヒーのための支度。
いつも(抽出に使う分量)より多めの湯を沸かします。
余分に用意したお湯で、コーヒーカップなどを暖めておきます。
コーヒーをいれる道具も、同じように暖めてから、残った湯でコーヒーをいれます。

ここでポイント。
いつもより温かく、と考えると沸騰状態に近い湯を使ってしまうものですが、
あまり温度が高いと、コーヒーは苦味に偏りがちです。
コーヒーの温度を「あげる」ではなく「冷まさない」ということです。
[PR]

by mottano | 2010-01-29 21:46 | ・楽しくいただく | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 コーヒーを煎るのは簡単?? semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 29日

コーヒー生豆を熱加工することを焙煎(ばいせん)と呼びます。
焼くとか煎るとかローストとも言います。

体験から言えることですが、コーヒー豆をコーヒーの色にすることは簡単です。
目玉焼きと難易度は変わらないと言えます。しかし。

焙煎を仕事にしている人が10人いれば、恐らく10通りの焙煎手法が語られます。
おいしいコーヒーのためのノウハウはたくさんあるということです。
コーヒーの世界が比較的自由であるとも、統一見解がいまだ存在しないとも言えます。
複雑で解りにくいコーヒーの熱変化プロセスも、研究により次第に解明が進んでいます。
いつかは、すべての現象をきちんと説明できる日が来ると思います。

 ***
世の中のほとんどの現象は、シンプルなしくみで成り立っています。
簡単な言葉で説明する人が現れるまで、それは謎めいて見えるだけです。

いつか機会を得て、ごく基本的なことをごく簡単に説明することと、
それによってたくさんの人が「とても面白い」コーヒー焙煎のことに関心を
持ってもらえたら。きっとコーヒーの楽しみが増すと思うのです。
[PR]

by mottano | 2010-01-29 09:36 |  コーヒー焙煎 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 コーヒーはかつて薬でした semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 28日

コーヒーを飲むと眠気が来ない。これは古くから知られていたことです。
イスラム教の修行で眠気払いに使われた記録があるそうです。
他にも、一時的に元気が出るとか、消化を促進するとか、記憶力を高めるとか。
これらは主に、カフェインの作用とされています。

カフェインを少し調べると、アルカロイド系の薬物ということです。
アルカロイドには色々種類があるみたいです。ご関心のある方は検索を・・・。

カフェインに限らず、薬は適切な使用のもとでは有益な効果がありますが、
過剰に用いると有害です。個人差はありますが、1日3-5杯の飲用なら問題ないと思われます。
もうひとつ付け加えるなら、カフェインは人体に長くとどまらない性質があります。
およそ5-6時間でその効果は失われます。

楽しい飲み物は適切に楽しみたいものです。
[PR]

by mottano | 2010-01-28 23:39 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 道具にはしくみがある semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 27日

コーヒーをいれる道具はどれがいいのか。

結論からいえば、道具にはこだわる必要がありません。
道具にはしくみがあります。しくみがわかれば、より良く使えます。
これをおおまかに把握するだけでも、楽しめます。
いまお手元にある道具を使いこなすことは尊いことです。

 ***
もっと生活と人生を楽しみたい、そんな人がいるならば。
コーヒーの楽しさを提案してみたいと思うのです。
コーヒーは繊細で変化に富んでいて、ちょっと扱いを変えることでいろんな楽しみ方ができること。
しかもそれは、ちょっとした知恵や工夫でできることを。

簡単そうに見えるペーパードリップでコーヒーをいれる。
これを簡単そうにやりながら、好みに合わせて楽しむことができる。
そんなやりかたがあります。

 ***
はじめは何も知らないのが当たり前。つまり関心がないか、関心が低くて当然です。
何かのきっかけで興味や関心が起こる。そして変わる。面白くなる(かも知れない)。

ここに関わるのは面白いことです。
[PR]

by mottano | 2010-01-27 11:54 |  コーヒー器具・道具 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 簡単でいいのだ、簡単がいいのだ semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 27日

超絶技巧を追求するのも面白いけれど、
いまやりたいことは、簡単&誰もが何度もできる技術。

コーヒーという飲み物をもっと普及させるには、
そういうアプローチが必要だと思うのです。

    1:コーヒーの成分は、水(湯)に溶ける、溶け出すこと
    2:成分がとけだす時間は、コーヒー粉が湯に触れてから、「3分でほぼ溶け出してしまう」こと
    3:今のところ、ペーパードリップがいちばん合理的な手段であること

こうしたことが、考えるきっかけになります。
[PR]

by mottano | 2010-01-27 11:03 |  コーヒー抽出 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 マスキング効果 semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 26日

●グアテマラSHBを飲んでいます。先の食事でサーモンをいただきました。魚はよく知られたタンパク源です。

ちなみに鮭とばのような加工品では、重量の60%程度はタンパク質です。
酒の肴だけではなく、コーヒーの相方としても合うのだろうか・・やっぱ酒がいいよなぁ。

マスキング効果
タンパク質が口の中に残っている状態では、味覚の一部(例えば渋味)は感じにくくなっています。消極的にいえば、渋味などネガティブ要素を持つコーヒーでも、タンパク質が持つマスキング効果で官能評価を改善させることができます。

また、糖分や塩分がもたらす「うまみ増幅」効果で、おいしさが増す期待もあるわけです。
[PR]

by mottano | 2010-01-26 14:03 |  mottano頭の中 | Comments(0)