もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2010年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 コーヒーはつねに新しい、そして終わりがない semスキン用のアイコン02

  

2010年 12月 31日

●今年488件目の記事

2010年の1月にスタートしたこのブログですが、
ほぼ1年間継続して書き込むことができました。
多少なりとも反響があるのはうれしいことです。
大いに刺激となり、新しい記事を思いつくと誰かの顔が浮かぶものです。

この画面を目にするあなたへ感謝します。

 ***
コーヒーを仕事として生きている筆者の頭の中を一部公開するブログです。
頭の中はちっぽけなのですが話題はなかなか尽きることがありません。
それは、コーヒーが常に新しい情報をもたらしてくれるからです。
コーヒーに触れることは毎日更新される世界に触れることでもあります。

ちっぽけな頭ですが知識や話題に対する好奇心は旺盛にあります。
コーヒーをより楽しく味わいたい、
そんな気持ちを持ち続けているとなかなか話題が尽きないこともわかりました。
もうしばらくブログを継続してみたいとおもいます。

 ***
2011年も、コーヒーとの楽しい出会いの年になりますように。
[PR]

by mottano | 2010-12-31 06:51 |  アナウンス・活動報告 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 コーヒー相場が上がっているけど semスキン用のアイコン02

  

2010年 12月 30日

●あれこれと思う

『コーヒー相場が急騰・各社値上げも』
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20101228-00213702-mosf-stocks

年末らしいのからしくないのか騒がしげな話題。
「コーヒー豆」は一種の金融商品で、ニューヨークとロンドンが取引の2大拠点です。
普及品のコーヒー豆価格はこの相場に影響されるといいます。

 ***
1:いわゆるスペシャリティは別枠
近年流行りのスペシャル(リ)ティコーヒーは市場を通過していないものが多いです。
このため市場価格を反映していない(=大概は市場より高い)ものがあります。

2:マネーゲームの舞台として
為替や金属、穀物などと同じ「商品相場」のいち品目です。
政治や経済、気象条件などさまざまな要素で価格変動します。
もっとも気になるのは現在の「カネ余り」の状況。
投機に使われる資金は現在行き場を探している状態と言われ、常に値動きのある投資先を探しています。
投機の取引は実需(=実際に商品を使用すること)とは関係なく動きます。
コーヒーが欲しい・飲みたいという動機は価格と関係ないわけです。

3:影響を受けるのは誰だろう
今すぐに自動販売機のコーヒーが200円になったりするとは思えませんが、
まったく無関係とも言い切れません。
回り回って世の中は繋がっているものだと、改めて思うのです。

 ***
色々な事が、私たちの周囲では常に起こります。
しかし、環境がどうあろうとも今を生きていること、楽しむことを忘れずにいたいものです。
来年も笑えること、楽しみのあることがひとつでも多くあることを願います。
[PR]

by mottano | 2010-12-30 07:08 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 アルコール処理を促進するには semスキン用のアイコン02

  

2010年 12月 29日

●水分補給だそうです

アイルランドの酒はモスクワのラバのように効きました。
年末年始もそこそこに忙しいので、いつまでも二日酔い気分ではいられません。

冒頭の効能も求めて、ごく軽めのコーヒーをカップ2杯。
すっきり清冽、ほんのり甘味と香りがあり、品よくおいしくいただけます。
アルコール摂取が多い時期には役に立つと思いました。

明日も頑張ろう!
[PR]

by mottano | 2010-12-29 19:11 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 今日のmottano semスキン用のアイコン02

  

2010年 12月 28日

●アイリッシュとはなんぞや?

アイリッシュパブの流儀なんだろうか、
一杯頼むごとに会計。
うん、これは合理的。

というわけで本日も飲みました。

ブッシュミルズ&パディ。
空きっ腹には効きます。
a0165239_2113584.jpg

[PR]

by mottano | 2010-12-28 21:02 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 レポート:コスタリカ semスキン用のアイコン02

  

2010年 12月 26日

●ベラビスタ

フルーティといわれる風味があると勧められて試すことに。
お花の雰囲気といっても色々と感じ方はあるのですが、
どう見ても「そこに花が咲いている」ような銘柄、
「そこはかとなく」雰囲気があるものまで。

コスタリカの著名な農園からのロットでしたが、
コーヒーの液体が喉の奥に通過した後、鼻腔に戻ってくる香りにフローラルさを感じました。
[PR]

by mottano | 2010-12-26 17:57 |  焙煎豆レポート | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 冷めるのが早い! semスキン用のアイコン02

  

2010年 12月 25日

●寒波の影響

すっかり冬らしい気候になりました。
真夏の頃は想像もつかない気温の変化です。

イエメンの試飲をしながらタイプしているのですが、
みるみるうちにカップが冷たくなってしまった。
あまり熱いのは得意ではありませんが、ここまで冷めてしまうのはまさに興ざめ。

暖かいものは暖かいうちに。さっさといただくのが一番ですな。
[PR]

by mottano | 2010-12-25 10:32 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 台車を探そう semスキン用のアイコン02

  

2010年 12月 25日

●来年の荷物を運ぶ道具を探す

台車が壊れてしまったので対応を検討していました。
販売元は保証期間が過ぎた事を理由に、有償での対応を連絡してきました。
とはいえ、本来耐久性を期待できるものが年に2回も壊れてしまうのは納得できません。
品質に問題があると言わざるを得ない。

仮に同じものを補償されたとしても時間の問題ですから、
より信頼性のある道具を検討しよう、そう結論づけました。

1回につき10分未満の屋外移動があること、
私鉄とJRの乗り換えを担いで行うこと(エレベータもエスカレータもないK駅!)を考えて
年末年始の間に調査します。
[PR]

by mottano | 2010-12-25 10:28 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 たとえフトコロが寒くても、 semスキン用のアイコン02

  

2010年 12月 24日

●たとえ寒波が訪れても

そこにコーヒーがあるなら。
ココロとカラダを手軽に手早く温めることができます。
たくさんのヒトの幸せに、もっともっとコーヒーが役に立ちますように。

mottanoオリジナル・クリスマスブレンドをいただきながら
[PR]

by mottano | 2010-12-24 18:30 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 今日の雑談:マクドのコーヒーはなぜうまいのか semスキン用のアイコン02

  

2010年 12月 23日

●マックと言えばMacintosh、だからマクド(そんなのどうでもいいから)

差し入れでマクドナルドのコーヒーをいただきました。
以前は芳しい評価ではなかったそうですが、
現在マクドナルドで提供されるコーヒーは一定の(しかも充分な)品質ではないかと思います。
価格とのバランスを考えてもお手頃です。

いただきながら「なぜ変わったのか?」ということに。
思うに商売上のアイテムとしての価値が欲しくなったら頑張ってしまうんだな、と。
ファストフードのアイテムだろうとジャンクフードと言われようと、
大きな組織が力を入れたらすごいんだな、などと思うのです。

 ***
コーヒーの品質は、マニュアルをしっかり作り込むことで一定の水準に達することはできます。
私もコーヒーの品質改善のためにマニュアルを書いた事があります。
いかに解りやすく伝えるか、しっかり教育するかがポイントですが、
そこはマクドナルドの得意分野でしょう。

具体的にはコーヒー抽出量と作成後の時間管理です。
仮にありふれた品質のコーヒー豆を使ったとしても、マシンの調整ができていて、
なおかつできたてのコーヒーであれば、充分に楽しめるはずです。
それをどの時点で見切るか。
ロスを極力抑え、販売数に見合った作成ができるためのノウハウがきっと活きているはず。

いつか事情通に教えていただきたいものです。
[PR]

by mottano | 2010-12-23 18:27 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 アイリッシュウィスキーって? semスキン用のアイコン02

  

2010年 12月 22日

●まずは近所の酒場へ

アイリッシュコーヒーというアレンジがあります。
甘くてとろりとしたコーヒー味のお酒、とでも言えばいいのでしょうか。
すこぶるつきに旨いアイリッシュコーヒーを考えるために、
アイリッシュバーを訪ねてみました。

知識だけでもそれなりのものは作れるかもしれない。
でもその先を、少しでも垣間みておきたい。
素材となるアイリッシュウィスキーを知りたくなりました。

・・・でもアルコールはそんなに得意じゃないから、時間がかかりそうです。
すこし酔いました。
a0165239_6373815.jpg
[PR]

by mottano | 2010-12-22 06:38 |  もっと知りたいコーヒー | Comments(0)