もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2011年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 第一印象:#077ザンビア semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 30日

●#076&077、甲乙つけがたい存在

先のマラウィは大変好評でうれしい限りです。
未知を知ることだけでなく、官能的に良好であるのはこれ以上ない幸せと言えます。

 ***
この夏mottanoのアイテムはアフリカツアーの様相となってきたのですが、
誰よりも自分がたのしさにわくわくしています。
体験は財産です、知ることはよろこびです。

さて本題。
ザンビアは「ビクトリアの滝」で知られる場所ですが、
まんまその名がブランド名に使われています。
その味わいも世界的名所に名前負けしないのではないかと想像できます。

まだ煎りたての雰囲気を残す中でも、香りと味わいの強度はひときわ目立ちます。
クリーンさに関してはマラウィ以上かと思います。
これからの変化に期待が持てます。
[PR]

by mottano | 2011-06-30 06:18 | 焙煎豆レポート | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 アフリカツアーをコーヒーで semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 29日

●mottano扱いのコーヒーはここしばらくの間、アフリカ産原料のアイテムが続きます。

 ***
未知を知ることには面白さを感じるものです。
最も古くからコーヒーが生育しているのに、
いまだ知られていないことが多くあるのがアフリカ大陸です。
特に内陸部の諸国は物流の問題や安定度などの問題から、
機会が少なかったと言えます。

昨年からマラウィをいくつか扱っていますが、
このたびザンビア産原料に初めて挑むことになりました。
この夏の間に、ウガンダ、ルワンダなどを予定しています。

ケニアやタンザニア(キリマンジャロ)、エチオピア(モカ)を忘れたわけではありません。
これらの国々はすでにブランドイメージが確立された感があること、
最近の相場感覚などを見ていると「新しい」国々のアイテムに興味をより強く感じます。
話題として適切なものが手に入れば、随時ご紹介したいと思っています。

 ***
そんなわけで、mottano.jp更新しています。
#077はザンビアです。お楽しみに!
[PR]

by mottano | 2011-06-29 06:20 | mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 盛会御礼!『HATIS×mottano』 semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 27日

●バーのカウンターでコーヒーを

酒場でコーヒーを販促するという未体験のイベントでした。
お酒の銘柄ごとにストーリーがあるように、よさげなコーヒーにもストーリーがあること、
コーヒーは未完結のアイテムであり最終消費者がいかようにも楽しむことができる、
そんな話をしました。

バーテンダーみたいとか冷やかされましたが、
盛況のうちに終えることができました。
ご参加の皆さんありがとうございます。

次回企画も決定しました。
夏の盛りにまた、お会いしましょう。
[PR]

by mottano | 2011-06-27 01:59 | アナウンス・活動報告 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 深夜試食会 semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 22日

●未発表ブレンド&スイーツ
a0165239_163297.jpg

[PR]

by mottano | 2011-06-22 01:06 | mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 リハーサル画像 semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 21日

●楽しみな予感
a0165239_141661.jpg

[PR]

by mottano | 2011-06-21 01:41 | mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ドライオンツリーの妄想 semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 20日

●ドライオンツリーのコーヒーを飲み、ドライオンツリーの干しぶどうをつまみながら

最近ではスマッシュヒットとなったドライオンツリーについて。
ブラジルの生産者の間では一部で行われているらしいこと、
他の作物(今回の干しぶどう)でもできること。
雨期/乾期が明確な気候がどうやらポイントであること。
これらがわかってきたことです。

 ***
さらに考えたこと。
乾期に水やりをしないだけでできるのだろうか?
樹が実から養分や水分を取り戻すことはないのだろうか?
やりすぎて樹が枯れたりしないのかな?とか
コロンビアやマンデリンでは無理なんだろうな、とか
他にできそうな土地はないのかな、とか
イエメンは雨が極端に少ないらしいけど、どうだろう?とか

いろいろと妄想しています。

理屈はともかく美味しいものが手に入ることは幸せです。
過酷な環境に置かれた植物が、いいものを生み出すということも考えさせられます。
続きはアルコールでも引っ掛けながらにします。
[PR]

by mottano | 2011-06-20 17:42 | mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 今日の講座:よみカル町田 semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 19日

●自由課題に挑む

ブレンド作成の実習もさまざまなパターンを経験してきました。
4月期も締めということで、自由課題を試してみることに。
言い換えれば「飲みたいものを作ってね」。

これまでに実習を重ねてきた抽出やブレンドの感覚が確かなものであることが、
参加者のみなさんには手応えとして感じられたかと思います。
私には成果がはっきりと感じられて今日はうれしいです。
きょうのお土産コーヒーは「マイブレンド2011.6.19」です。みなさんよく頑張りました。

 ***
講座概要
・各地のコーヒーをいただく(ブラジル、コロンビア、マラウィ)
・実習1:テストブレンド作成
・実習2:「マイブレンド」作成
・コーヒーとお菓子の楽しい時間:ティアラ&ティクシーの枝付き干しぶどう

7月期初回は7/3開講です。
また楽しい時間にしましょう。
[PR]

by mottano | 2011-06-19 18:54 | アナウンス・活動報告 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 第一印象:#076マラウィ semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 18日

●AA+オールドブリティッシュ

原料生豆をみたときに直感が働くことがあります。
この豆は何か持っていると感じる時です。
たいがい読みは当たるので、この嗅覚は信用することにしています。

というわけでマラウィ。この国の別のアイテムを春先に紹介したばかりなので、
少し引っかかったのですが知りたい欲望には従うことにします。

 ***
焙煎のときのハゼ音が割とおとなしい感じでした。
青みが強めで堅そうな豆でしたが、グアテマラあたりの銘柄とはいささか異なります。

さて第一印象。
まだフレッシュさが勝るなか、フルーティな感覚が真っ先に訪れます。
バナナで例えれば黄色い状態。まだ褐色のマークが皮に現れる前の。
また、稲藁のような雰囲気もわずかに感じられます。
もしかすると包材の香りかもしれませんが、これは改めて検証したいと思います。
[PR]

by mottano | 2011-06-18 06:23 | 焙煎豆レポート | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 最近の情報 semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 17日

●新アイテム入りました

マラウィのコーヒー豆が新たに入っています。
http://mottano.jp
アフリカ内陸部のコーヒーが入手できるようになったということは、
港までの搬出に障害が少なくなったことを意味します。

つまりは彼の地が治安が多少良好になったと言えるのでは??
そうならば良いことです。
知らない土地の味をご体験ください。
[PR]

by mottano | 2011-06-17 06:25 | mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 レポート:#075小さなモカのためのブレンド semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 12日

●くじ引きのような楽しみを

モカを多少効かせたブレンドを作ってみたいと、考えてようやく実行。
いろいろ趣向を凝らしたつくりです。

 ***
イエメンのマタリと、エチオピアのG2をカップリングしています。
性格のちがうふたつを効かせることで複雑さをもたらす狙いです。
使用したアイテムの特性で多少マタリが強く影響します。

ドミニカのピーベリーを主軸にした、軽やかさのあるブレンドとなっています。
また、キーアイテムであるマタリは豆の群れの中に偏在しているため、
(撹拌を充分行ってもなお多少の偏りがある)
毎回いろいろな味わいとなることも面白さと言えます。

何度か試飲していますが、バラエティ豊かな表情を見せてくれるところが、
このブレンドの最大の面白さかもしれません。

※同じものを8月あたりに再度リリースする予定です。
[PR]

by mottano | 2011-06-12 23:54 | 焙煎豆レポート | Comments(0)