もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2011年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 SCAJ2011訪問しました semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 28日

●おいしくて楽しみのあるコーヒーの展示会

ようやくスケジュールの調整ができて、
「SCAJ2011」見てくることができました。
短時間の訪問でしたが、現代コーヒー事情を垣間みることができました。

今なおコーヒーの世界は拡大しようとしていること、
量的な拡大とは別に、質的な向上を続けようとする意思が感じられます。
これから先、コーヒーの楽しみが増すことに期待が持てる内容だと思いました。
(そう、未来は明るく私の仕事には終わりがない!)

 ***
もう少し具体的な例を挙げると、
未知の産地、ブランドが今後も現れそうなこと。
アフリカ内陸部や南アジアなどは注目ポイントかと思います。

それから、SCAA方式の採点方法が認知されるに従って、
トレンドの方向がいくつかはっきりしてきたこと。
中米ではパカマラ種の普及、南米(パナマ・コロンビア)ではゲイシャ種の普及が象徴的です。
特に後者は現在非常に高価なものですが、近い将来は少し身近な存在になるかも知れません。

旧知の知り合いに挨拶するのも楽しみですが、
海外からの出展者とコミュニケーションすることも面白いです。
挨拶くらいは覚えていますが、スペイン語やポルトガル語はもう少しできたらいいな・・・と
思いながら帰途につきました。

 ***
お土産もいくつかあります、お楽しみに!
[PR]

by mottano | 2011-09-28 17:44 |  もっと知りたいコーヒー | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 第3実験-2:もっと楽しいコーヒーリキュール semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 23日

●24時間経過

すっかり褐色の液体となりました。
加熱することで抽出の進行が早まることがわかります。
豆がビンの底に沈んでいます。
これも、豆の比重が重くなる=液体の吸収が速いことの証明です。

味わいは、カラメルのような甘味があり、どこぞのウィスキーを思い出します。
ちょっと進行を早めすぎた感じがあります。
これは濾過して試飲に充てることとして、
次回実験では加熱時間の調節を考えてみたいと思います。
a0165239_22483521.jpg

[PR]

by mottano | 2011-09-23 22:49 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 第3実験:もっと楽しいコーヒーリキュール semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 22日

●加熱試験

再びカシャッサでリキュールの試作です。
抽出条件を変えてみます。

香り成分は抽出温度に影響されるといいます。
ならば温度調節で香りの具合を調節できるのだろうか?

 ***
画像は抽出直後のものです。
出だしに高温処理工程をいれることで、抽出時間が大幅に短縮されることがわかります。
水出しとエスプレッソ、またはサイフォンを比較するようなものです。

早速試飲。
やけに甘みが感じられます。悪くない。
香りは・・・出てます。

これも時間を置きながら変化を観察してみます。
(というか一度に飲みきれない)
a0165239_23483957.jpg

[PR]

by mottano | 2011-09-22 23:49 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 浄水器考 semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 21日

●浄水ユニットを通過した水はデリケート

機会があり、業務用製氷機のメンテナンスに立ち合いました。
某大手厨房機器メーカーのサービスマンが手慣れた動きで機械を分解し、洗浄、組み付けを行う。

なぜか内部はいろんなものがついている。
これを水洗いで洗浄しては元に戻す。

私:いろいろついてますね・・・
サービスマン:浄水のユニットでカルキ抜きの機能があると、こうなります
私:人にやさしい水は微生物にもやさしいんですね
サ:そう言えます
私:これってユーザーが洗浄したりできますよね?
サ:いやぁちょっと面倒なので、定期的にOVHを呼んでください
私:ふうん・・・

 ***
ビアサーバーでは有名な話だけど、
飲料のマシンはメンテナンス次第で味が変わる、とはこういうことだと思いました。

味わいのためにカルキ抜きのユニットがある。
ここから水の出口までの経路が長くなるほど、メンテナンスは難しくなる。
清掃箇所が増えるからです。
製氷機みたいに構造上、浄水ユニットから冷凍ユニットまで「距離」があると、
レベルは格段に上がって、メーカーはユーザーに手を出して欲しくないくらいに面倒になる、
そういうことなのでしょう。

現物を見ると掃除せずにはいられなくなる、貴重な体験でした。
[PR]

by mottano | 2011-09-21 22:11 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 今日の講座:よみカル町田 semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 18日

●諸国コーヒー巡りは大西洋を渡る

まだまだ残暑厳しい9月下旬、でも10/1は『コーヒーの日』なんです。
もうそんな季節。

コーヒーがおいしい季節にコーヒーを満喫できるように、
いまから楽しんでおきましょう!

 ***
講座概要
・各地のコーヒーを味わう:コスタリカ、グアテマラなど
・ブレンド実習(テーマを複数示し受講者が選択)
・コーヒーとお菓子の楽しい時間:メリーチョコレートのマロングラッセ

今日は5種類のコーヒーを用意してのブレンド実習、
自由度が高くなりアイデアの見せ所です。
悩める年頃の受講者の皆さん、それぞれの魅力あふれるブレンドができました。

 ***
10月期は10/2,16・11/6,20・12/4,18の6回で行います。
(現在新規受講者募集中です=お問い合わせはよみうりカルチャー町田へ)
また楽しい時間にしましょう。
[PR]

by mottano | 2011-09-18 21:17 |  アナウンス・活動報告 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 第一印象:#086コスタリカ semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 15日

●エルバポル農園

コスタリカ、タラス産のハニーコーヒー。
近年エコロジーでも有効とされるパルプドナチュラル方式で精選された銘柄です。
たとえ話に、サクランボの種を挙げて説明することがあります。
果実を食べる(=パルピング)したあとの豆を乾燥させることで、
残された果肉から養分が種子(=コーヒー豆)に移動するのだとか。
はがし残しの果肉の割合が味わいに影響するのだそうで、
コスタリカの生産者はいろいろな果肉除去割合を試しているのだとか。

だったらサクランボの種もおいしくなるのか?というツッコミが入りそうですが、
試したことはありません・・・!

 ***
さて煎りたてから30数時間後の試飲。
ワイニーと言って良いのだろうか、濃厚で甘味を伴った強い香りが放たれます。
甘さの予感。浅めのカラメル香もあります。
煎り豆のアピアランスは、ちりめんじわが残り「もう少し深くしてもいいのでは??」と
思わせるくらいですが、クリーンなくちあたりが煎り止めの適切さを教えてくれます。
試飲の参加者のあちこちから、甘いという声が聞かれました。

ここ最近扱ったコスタリカ産豆の中でも自慢できるアイテムになりそうで、
今後に期待が持てます。
[PR]

by mottano | 2011-09-15 06:34 |  焙煎豆レポート | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 パカマラ来た〜 semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 11日

●なぜか「小さくたってすごいでしょ」の歌が聴こえてくる

書き出しが紛らわしいのですが、これは大きい豆です。
100円玉を参考に並べてみましたが・・・参考になりますか?

グアテマラ産のパカマラです。

a0165239_23574499.jpg

[PR]

by mottano | 2011-09-11 23:59 |  コーヒー生豆・煎り豆 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 もっと楽しいコーヒーリキュール:中間まとめ semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 10日

●もっとおいしくするには?

当初からやりたかったもの、想定していたものは、
コーヒーのエッセンスでひと味加えて面白くなるだろうというお酒。
だいたいこれは実証できたかと思います。

 ***
冷蔵庫内でのコーヒー抽出は水出しコーヒーのようにゆっくりと進行します。
さらに豆を挽かずに行うことで一層緩慢になります。

 ***
副産物として、
酸味やエッセンスは早い段階から抽出されること、
苦味や色は遅れて抽出されることがわかります。

もうひとつ、
これは感覚的なものですが、コーヒーリキュールのカタチにすることで悪酔いしにくくなった。

 ***
次の課題として、
香りをよりよく抽出するにはどうするか?
以前水出しコーヒー器具メーカーの営業さんから聞いた話を思い出しては、
次回テストに向けて準備しています。
[PR]

by mottano | 2011-09-10 22:23 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 レポート:#085「みのり」 semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 10日

●秋のブレンド第1弾

日中は蒸し暑く、朝晩や雨の後は涼やかになるこのごろ。
去年と比べればマイルドな残暑だと感じています。
こんな時期に都合良く楽しめそうなブレンドを考えてみました。

おおまかな傾向としては、#078「七味=ななみ」、#082「ANRI」と類似のテイスト。
隠し味のインドが共通のアイテムです。
ブレンドの味わいを一変させるような、強烈な個性が味わいの一貫性をもたらすと考えています。

 ***
試飲は一度にホット/カフェオレを試してみます。
はじめにストレートをひとくち含むと、苦味、酸味、甘味の順に感じ取ることができます。
いつまでも苦くなく酸味があるなと思えば僅かに甘味が残る程度で、どれもしつこくない。
簡単にまとめれば「にがさっぱり」。

砂糖を加えたければそれでもおいしいはずだし、
ミルクを加えればきっとおいしくなる。ツブシの利くアイテムです。

続いてカフェオレを試飲。
想像どおりにミルクをよく引き立てながらも香りで存在を主張、
適度なバランスとなります。ミルクの品質次第ではとてもリッチなカフェオレになります。

まだ暑くてたまらん!という時にはアイス仕立てでも楽しめる、そんな万能ぶりが魅力です。
[PR]

by mottano | 2011-09-10 15:46 |  焙煎豆レポート | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 もっと!牛喰い×mottano semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 09日

●72時間経過

画像では見づらいでしょうか。豆が沈み始めています。
この頃から、味わいはコーヒーに近づいてきました。

でも、元のお酒の雰囲気は影に隠れそうです・・・。

a0165239_23545311.jpg

[PR]

by mottano | 2011-09-09 00:05 |  mottano頭の中 | Comments(0)