もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2012年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 ピスタチオをつまみながら semスキン用のアイコン02

  

2012年 11月 29日

●パルプドナチュラルを思う

植物分類上では、コーヒーとピスタチオの実は共通点がいくつかあり、
恐らく大きなくくりでは一緒かと思います。
一番の特徴は、殻に実が包まれていること。
殻の中の実が薄皮に包まれていることなども一緒です。

 ***
で、パルプドナチュラル。
この殻の外側に果肉を一部残したまま乾燥させるということです。
なので殻の外観は茶色だった濃い褐色だったりします。
(つまり目の前のピスタチオは水洗式?かな)
見方によっては、汚らしく映るかも。

興味深いのは、この堅い殻を通して「果実の成分が実に移動する」のか?ということです。

もし果肉が有用なら、例えばスマトラ式のようにパーチメントもはがしてから、
剥がした果肉と豆を一緒にして乾燥させたらいいのでは?
板状のピーナツチョコレートとか、乾燥させた麹のようにすればいい。

誰か試してみないかな。
などと妄想の夜は更けて行きます。
[PR]

by mottano | 2012-11-29 01:37 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 #138試飲図 semスキン用のアイコン02

  

2012年 11月 27日

●コスタリカのパルプドナチュラル

ざっくりと言って、21世紀最初の10年は水洗式の全盛時代だったかも知れません。
こうしたことは歴史が検証するものですから、
あと10年くらい経過して振り返ったら見えてくるかも。

SCAA方式の評価基準が水洗式コーヒーを優遇していることは周知。
高い評価を求めるために、ブラジルでも水洗式が導入された。
一方で評価基準外のコーヒーをどう扱うか、
これも話題のひとつでした。
高得点のロットは果たして、市場に支持されたのだろうか?
走り始めてから歴史の浅い「スペシャルティ」の仕事だから、
これからも変化があって当然かも。などなど。

時代の先端がどこに向かっているのか、
もう立場のある方には見えているはずです。
先進的な農園の経営者はすでに、それに向かって行動している。
こうしたことを目の前のカップから考えるのも、面白いことです。

 ***
パルプドナチュラルはもっと流行るだろうな、世界中で試されるだろうな。
そんなことを思いながら深夜の試飲です。

a0165239_2320252.jpg

[PR]

by mottano | 2012-11-27 23:26 |  焙煎豆レポート | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 昨日の講座:よみカル町田 semスキン用のアイコン02

  

2012年 11月 19日

●発見する楽しみ

よみカルの講師を始めて4年目、町田のクラスは丸3年になろうとしています。
いまなお新しい話題を毎回提供できることが、ささやかな誇りです。
コーヒーのことで面白いと思ったことを、
言葉や体験を通じて共有することが基本的な姿勢です。
もっともっと楽しいコーヒーの話題を提供したいと思います。

昨日の発見のひとつ:インドのコーヒーですごいのを見つけた!

 ***
講座概要
・アジアンテイスト(インド、インドネシア産コーヒー豆)を味わう
・類似の傾向の豆でブレンドをつくる実習(ユニゾンで厚みを出す)
・ミルクの種類でコーヒーの味わいを調節する実習
・お菓子を楽しむコーヒーブレイク(シナモン風味クルミのスコーン)

次回は12/2です。また楽しい時間にしましょう。
[PR]

by mottano | 2012-11-19 01:04 |  アナウンス・活動報告 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 合唱にブレンドコーヒーのヒントを思う semスキン用のアイコン02

  

2012年 11月 17日

●和音で歌うのか、斉唱するのか

これはたとえ話です。
性質の、個性の異なる豆をブレンドするのはかなり一般的かと思います。
それぞれのパートに分かれているので,これが「個々が別の旋律を奏でる」和音の状態。
時として不協和音もありますが、(不協和音=不快ではないので)これも同じカテゴリーに含めます。

そして、同じパートを歌っても「厚みが出る」という事実。
身近な例で言えば、AKB48もSMAPもこちらの手法で歌っています。

思いつきでいくつか調べてみましたが、
どうやらユニゾン(斉唱)でも厚みは出せる、ていうかそういう風に聴こえている。

これは事実だ、ならば・・・コーヒーで同じようなことができるかも。
[PR]

by mottano | 2012-11-17 19:59 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 貝殻豆は教えてくれる semスキン用のアイコン02

  

2012年 11月 16日

●コーヒーの真実に近づくため

ある原料のロットで貝殻豆比率が5%程度のものがありました。
ここまでくれば焙煎機で冷却している時にもはっきりわかります。

 ・シルバースキンを完全除去したコーヒーはうまいのか
 ・普通の平豆と比較してどれだけの差があるのか

何度も同じテーマで試しています。
試すことができる環境になった時がやり時です。
a0165239_12779.jpg

[PR]

by mottano | 2012-11-16 01:02 |  もっと知りたいコーヒー | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 工作の時間3:改造ユキワM-3試用 semスキン用のアイコン02

  

2012年 11月 11日

●初めてとしては上出来かも

改造の目的としては、以下の通り。
 ・M-3の容量から考えて1-2人用の抽出に使えること
 ・細く注げること、注ぐ量を可変できること(加減の幅を広く使えるようにする)
 ・できるだけ湯が暴れないこと、放物線が小さくなるよう(真下に湯が落ちて行くように)調節する

細かな形状は市販の製品をよく観察したり、使ってみると参考になります。
急須や醤油差しからも重要なヒントは得られます。

市販の製品ではカリタのペリカン1.0Lが基本イメージにあります。
(ペリカンでも1人前の抽出は充分可能ですけど,これはお楽しみでやってますので)
味付けとしてはペリカンよりも繊細なコントロールができたらいいなと思っています。

 ***
さて画像はテストの図です。悪くないです。
ただし、研磨剤と金属粉がものすごく鼻につきます。
何度か洗浄しましたが簡単には脱臭できません。
そこで抽出したコーヒーをいれては注ぎ、注いでは戻し。

 *** ***
ドリルや研磨ビットなどの費用と、
手間や時間を考えたらかなりお高くなりますので、
こういうのは個人の楽しみとされるのが良いかと思います。
(市販の製品でも良いものはあります)

個人的には磨き作業が楽しかったです。
下地処理を丁寧にやると仕上がりが素晴らしく良くなります。
頑張り次第では加工痕をほぼなくすこともできそうです。
(おしまい)

a0165239_17161118.jpg

[PR]

by mottano | 2012-11-11 17:25 |  コーヒー器具・道具 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 工作の時間2:金属加工実習 semスキン用のアイコン02

  

2012年 11月 11日

●真似してもいいよ(危ないので責任は持ちません)

今回の加工は、加熱〜曲げ行程と、研磨の2工程に分かれます。
どちらもちょっとした不注意で大きな事故や怪我につながります。
画像や記事を参考にしても構いませんが、ご自身の責任で行ってください。

 ***
正確に測定していませんが、18-8ステンレスでおよそ1mm厚の素材です。
100均で売っているヤカンとは比較にならないほど丈夫です。
ペンチなどで引っ張る程度では難しそうです。
(プレス機と金型があれば一瞬なのでしょうけど)
また、叩いて曲げることも考えましたが騒音が深刻なので回避。
トーチ(家庭用ガスボンベを燃料とした簡易バーナー)で赤熱させて、
大小のペンチでちょっとずつ曲げてみました。

思ったより簡単に加熱まではできました。
しかしトーチの炎から外れるとすぐに冷却してしまうので、手際良く作業する必要がありそうです。
何回かトライ&エラーを繰り返したのちにだいたいの形状になりました。
この時点では先端部は黒く変色し、ペンチの痕跡が醜く残ります。

素手で触れるまで冷却させて、数種類の研磨ビットをドリルに装着して磨きます。
変色部分もだいたい除去できました。
無骨な仕上がりを最後はバフ磨きで整えます。

ここまでの作業時間は120分。
手際が良くなれば短縮も充分可能かと思います。

a0165239_16543447.jpg

[PR]

by mottano | 2012-11-11 16:56 |  コーヒー器具・道具 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 工作の時間:ユキワM-3の改造 semスキン用のアイコン02

  

2012年 11月 11日

●ステンレスを曲げる

先日、都内の某道具屋さんでドリップポットがワゴンセール。
見覚えのあるユキワM-3でした。
普通ではない価格設定なので、きっと訳ありなんだろなと思いつつ2個購入。

よく調べると、注ぎ口先端を水平方向に切断した痕跡があります。
何らかの事情で、加工を中断または放棄したのかも知れません。

そのままでもコーヒー抽出は可能でしたが,
思い立って自分のアイデアを試してみる事にしました。

(画像は加工前・購入時/加工後)
a0165239_16323016.jpg

[PR]

by mottano | 2012-11-11 16:34 |  コーヒー器具・道具 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 インドネシアの引力 semスキン用のアイコン02

  

2012年 11月 08日

●このチカラはニュートンに説明できるだろうか?

所用を終えて移動中に、
画像の告知を見つけました。
近くアジアのコーヒーでの話題を考えている最中でもあったのですが、
そんなことより「あぁマンデリン&トラジャ飲みたい」と単純な欲求が勝りました。
飛び込みで参加させていただきました。

ごちそうさまでした。
a0165239_20371879.jpg

[PR]

by mottano | 2012-11-08 20:38 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 文化祭だより semスキン用のアイコン02

  

2012年 11月 05日

●よみうりカルチャー町田にて

11/3,4とよみカル町田の文化祭イベントに参加しました。
昨年の参加を覚えてくれている方も多く、
とてもやりがいのある2日間でした。

売上の一部は昨年の震災への義援金となります。

a0165239_0222291.jpg

[PR]

by mottano | 2012-11-05 00:25 |  アナウンス・活動報告 | Comments(0)