もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 ショコラがおいしい季節のひととき semスキン用のアイコン02

  

2013年 02月 19日

●この時期に自分でショコラを選ぶのは自意識が・・・過剰ですかね

気温が低くてチョコレートの品質が安定しているこの時期、
うまいことバレンタインデーという企画がはまっていると思います。
先週は日本全国津々浦々でチョコレートが飛び交っていたのかと思うと感慨もひとしおです。
(おおげさですな)

ただ自分で選ぶには売り場が華やか過ぎて遠慮したくなるものです。
そういう2月前半を終えてのヒトコマ。
今年もありがたいことに、いくつかの厚意にあずかることができました。ごちそうさま。
画像はそのひとつ。ドライフルーツも好物なので一層有難いです。
a0165239_18511028.jpg


ブレンドの試作と一緒に楽しんでみました。
[PR]

by mottano | 2013-02-19 18:54 | mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 カレーの因数分解、のようなこと semスキン用のアイコン02

  

2013年 02月 18日

●メーカーごとにちょっと違う

カレー粉にはブレンドのヒントがあると思っています。
現在いろんな香辛料のブランドでカレー粉が販売されていますが、
みなそれぞれに持ち味が異なり、それでもみな「カレーらしさ」がしっかりとある。

色あい、辛味、旨味、香り、個包装されたパッケージのスパイスを味見しながら、
容器にいれて混合。さらに弱火で加熱。

何度やってもマジカルな体験です。
a0165239_20394199.jpg

[PR]

by mottano | 2013-02-18 20:40 | コーヒーの外側から | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 昨日の講座:よみカル町田 semスキン用のアイコン02

  

2013年 02月 18日

●「冬の味覚」を存分に

寒い寒いと言っているうちに2月も後半。
暦もすでに春です。残り少ない風の冷たさを、あえて楽しむのもココロの持ちようです。
いろんな意味で季節感ある構成となりました。

 ***
講座概要
・カリブ海の向こうとこちら:グアテマラ&ジャマイカのコーヒー
・ショコラいろいろ1:99%カカオと甘味の感受性のはなし
・ショコラいろいろ2:ガトーショコラでひといき
・ブレンド実習:繊細な味わいを活かす試み
・四季のめぐみ牛乳:季節の味わいを楽しむ、カフェオレで味わう

気の利いた乳製品、牛肉には共通の香りがあるように感じます。
ある意味それは牛のクセなのでしょうけど、それはそれは豊かな香りです。

また楽しい時間にしましょう。
[PR]

by mottano | 2013-02-18 00:33 | アナウンス・活動報告 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 リハーサル風景 semスキン用のアイコン02

  

2013年 02月 17日

●深夜試飲会

よくある光景。
良質の牛乳は香り高いことが実感できます。
a0165239_1504165.jpg

[PR]

by mottano | 2013-02-17 01:51 | mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 香りは炭酸ガスが連れて行く semスキン用のアイコン02

  

2013年 02月 12日

●冬の楽しみからヒント

暦の上では春到来ですが、まだまだ寒い。
特別お酒好きでもないのですが、冬場は味見を兼ねて蒸留酒をいただく機会が増えます。
個人的な好みではウィスキーまたはジン。
ちいさなグラスでちびちびといただきます。

ハイボールが良い例ですが、発泡性の水はお酒の香りをよく引き出してくれると思います。
ストレートで飲む時も最後にちょっと炭酸水を足して香りを確かめたりしています。
・・・これがヒント。

コーヒーの香りを味わう手段としても使えないかな、と思うのです。
試しに飲み残しのカップに発泡水を足してみると、
カップの底から香りが増幅されるのがよく感じ取れます。

そうそう炭酸ガスと言えば,煎りたてのコーヒー豆にたくさん含まれます。
煎りたての豆が香り高く感じるのも、これと関係あるのでしょう。
逆に「デガス」した、真空処理パッケージの豆はどうなんだろ?(言えないから確かめてみて)

ご興味があればお試しください。
a0165239_23501389.jpg

[PR]

by mottano | 2013-02-12 23:57 | コーヒーの外側から | Comments(0)