もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 タグ:器具を選ぶ ( 44 ) タグの人気記事 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 ドリップポットの改造:2017.5版 semスキン用のアイコン02

  

2017年 05月 31日

●ぽたぽたできるようにしてほしい

冒頭のようなリクエスト付きで、改造を承りました。
画像の通りです。

a0165239_19154222.jpg
だいたいどんなことをしているのか、わかるように画像を編集してみました。
こういうのは特許でもなんでもないので、公開します。
ただし、事故や不具合については一切関知しません。気をつけてね。



[PR]

by mottano | 2017-05-31 19:17 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 MUNIEQ:tetra drip 02 semスキン用のアイコン02

  

2016年 07月 05日

●ミニマル&ユニークなんだって

道具好きなので、というか知らないことがあると気になるので、
気になる道具をゲットしてみました。

a0165239_20212016.jpg

ご覧の通り造形は美しさがあります。

使い勝手とか、実際のところ美味しいの?みたいなところは、
一番興味深いところです。しばらく使ってみます。
自分の言葉で喋りたいからね。

*** ***

参考まで:体重測定

tetra drip 02:38g
コーヒーバネット グランデ:85g
kono MD-41:82g
Hario V60 (4人用・樹脂製):107g

軽さに限って言えば、もっと軽量なものはあるんですけどね。
[PR]

by mottano | 2016-07-05 20:23 |  コーヒー器具・道具 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 "next G" is , came semスキン用のアイコン02

  

2016年 06月 15日

●とりあえず試運転

遅まきながら、拙事務所にもネクストGがやってきました。
ナイスカットミルの後継で、主に出張での仕事で使うつもりです。

画像は左より、ネクストG、事務所で使っているみるっこDX、先代のナイスカットミル。
そう、みなカット刃のミルなんです。
a0165239_19104811.jpg

[PR]

by mottano | 2016-06-15 19:11 |  コーヒー器具・道具 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 仕込み中:ネルドリップ semスキン用のアイコン02

  

2016年 01月 09日

●煮込み中

ある企画に合わせて、ネルを引っ張り出す。
日常的に使っているわけではないので、使用前も使用後も念入りに煮沸します。
こうした手間は大事です。

a0165239_23295469.jpg


ペーパードリップの味わいも美味しいのですが、
ネルで適切にオペレートすると、またひと味違って楽しめます。
[PR]

by mottano | 2016-01-09 23:30 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 コーヒーバネット・グランデ semスキン用のアイコン02

  

2015年 11月 27日

●リハーサル中画像

バネのような抽出器具です。
アウトドアで出番が多いアイテムで、コンパクトにたためるのが特徴。

a0165239_0154854.jpg

これをリハーサルってことは・・・近く公開します!
[PR]

by mottano | 2015-11-27 00:16 |  コーヒー器具・道具 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 keyクリスタルドリッパー semスキン用のアイコン02

  

2015年 11月 04日

●造形は美しい

最近・・・でもないのかな、こんな器具を手に入れました。
円錐形のドリッパーも種類が豊富になり、
選ぶ方もどれがいいのか、気になるかも知れませんね。

a0165239_2044043.jpg


真上からみるとさらに面白いです。
a0165239_20444320.jpg


早速使ってみます。
お伝えできることがあれば、また。
[PR]

by mottano | 2015-11-04 20:46 |  コーヒー器具・道具 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 M-3改:さっそくテスト semスキン用のアイコン02

  

2015年 09月 27日

●コントローラブル

手のひらが小さいとか、握力が十分でないとかの理由で
小さいドリップポットの需要は多いのですが、
意外と小型(容量500ml以下)のポットは扱いにくいと思います。

なぜでしょうね。
その昔、軽量小型のカメラよりも金属製で重たいカメラのほうがホールドしやすいという話を
思い出しました。大きいものが相手だとしっかり持つ意識が違うのだとかなんだとか。
1リットルクラスのポットだと扱いやすくなるのですが、
そのために握力鍛えろっていうのもなんだかなぁ。

とにかく感覚的には小型のポットはスポーツカーのようにクイックネスでピーキー。
ちょっとした手元の動きに敏感に反応します。
(そういうのが楽しいっていうのもわかります)

***
さて、できたての改造ポットはどんなだろう。
試してみました。
頭に思い描いたように湯が流れたので、オッケー。

a0165239_23413052.jpg

画像がぼけてるのはお許しを。ケータイの写真はアンコントローラブル。
[PR]

by mottano | 2015-09-27 23:46 |  コーヒー器具・道具 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 YUKIWA M-3改:こんな感じに semスキン用のアイコン02

  

2015年 09月 27日

●工作は楽しいっす

ドリップポットの加工作業をしました。
今回はM-3がベースで、点滴ドリップが可能な仕様をとのこと。
仕上げは簡単な作業キズ取りと、ざっくり磨きでフィニッシュしています。

a0165239_2013026.jpg

画像中央:細く糸を引くようにも注げます。まっすぐ落ちてゆくのがポイント。

いつもアナウンスしていますが、
こういうのは自分でやったほうが楽しいです。
それから、危険を伴う作業なのでくれぐれもお気をつけて。
[PR]

by mottano | 2015-09-27 20:16 |  コーヒー器具・道具 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 改造ドリップポット販売します semスキン用のアイコン02

  

2015年 09月 05日

●当面非公開で扱います

コーヒーのドリップポット、既存のアイテムで満足できない人はどれだけいるのだろう?
改造じたいはDIYでもできることです。それを発注するひとはどれだけいるのだろう??

そんなニッチな市場に向けての、アナウンスです。

***
きょう、改造M-3を受注しました。
これを記念??して、改造ドリップポットを受注生産開始することにします。

a0165239_19541889.jpg


画像はM-3改の見本です。2タイプあります。緩急を劇的につけられる『可変型』(画面左)、点滴ドリップが可能な『ナロー』(画面右)の2種類。仕上げ(バリ取りから磨き工程)の程度と、オリジナルのポットにより価格は変わりますが、オリジナルの3〜4.5倍だと思ってください。

はっきり言って高いです。値段を気にする人はランブルのポットでも、ペリカンでも全然問題ないと思います。改造ポットのコストパフォーマンスは圧倒的に悪いです。改造する行為じたいは、とても楽しみがあるものです。だから自分でできると思ったら(注:危険な作業を含みます)、自分で納得の行くものを作ったほうがいいです。

私の本業はコーヒー豆の販売とカルチャーの講師業です。なので積極的に販売する理由がありません。どうしても私に作らせたい、そんな人だけを相手にしますので、連絡先も非公開です。とはいえネットの世界ですから、探せば見つかります。しつこいですが、既存のアイテムで満足できないひと限定です。
[PR]

by mottano | 2015-09-05 19:58 |  アナウンス・活動報告 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 動画公開・ドリップポットの話題 semスキン用のアイコン02

  

2015年 08月 30日

●使い較べ

https://www.youtube.com/watch?v=XQcwShBxdas
美味しいコーヒーの淹れ方 ポット編【ユキワ M3 0.4L(改)】

コーヒーのドリップポット、
選ぶのに何を基準にしたらいいのか?どれが使いやすいのか?
わかりにくいと思いませんか?

そんなときのヒントになればと思います。
5本撮影しました。
原稿なしコンテなしでの一発撮りなのでツッコミどころはありますが無視しましょう。

テーマは、
・大きさと使いやすさの関係は?
・注ぎ口の形状と湯の流れ方の関係
・素材と扱いやすさ
・目的によって適切なポットは変わる(毎回自由に使いたい←→いつも同じように使いたい)
などを気にしてごらんください。

出演者(他人事のような表現ですが)は、
コーヒー抽出は時間を調節することで好みの味わいを得られたらよいと考えています。
メーカーのお勧めする「おいしいコーヒー」から、
さらに進んでそれぞれの好みや目的に合わせて、適切な飲み物が作れたらいいと思うからです。

しつこいですが、コーヒーの味わいは主に時間調節で変わります。
豆の使用量でも、挽き方の調節でも味わいのアレンジは可能ですが、
湯の注ぎ方で加減するのがもっともお手軽かと思います。
[PR]

by mottano | 2015-08-30 12:33 |  コーヒー器具・道具 | Comments(0)