もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 スポーツから学ぶコーヒー抽出 semスキン用のアイコン02

  

2010年 03月 02日

●身体の使い方は合理的な動きからヒントをいただく

「もったの」は、コーヒーごときで身体を壊すなどナンセンスだと考えます。
だから、楽をしてコーヒーを楽しめるやり方を最善と評価します。
・・・大げさな話だと思いますか?

毎日1、2回の抽出行為ではなかなか実感できないかもしれません。
でも毎日のことだからこそ、負荷の少ないやり方を覚えた方が長く楽しめます。
体力や筋力に自信のない方には、特におすすめです。
すでに故障のあるかたでも、無理なくコーヒー抽出を楽しめます。
また、業務でオペレーションするなら、てきめんに違いが表れます。

 ***
基本的な考え:
大きな筋肉を使うと、身体の負担は小さく感じられます。
逆に、身体の小さな部位に負荷をかけ続けると疲労しやすくなったり、
場合によっては故障につながることもあります。

キャッチボールをして、腕だけで投げると肩が痛くなりませんか?
ゴルフのレッスンで、棒立ちになっていると言われたことはありませんか?
コーヒーの抽出も同じです。合理的な動きをすれば、もっと楽しめます。(つづく)
[PR]

by mottano | 2010-03-02 18:18 |  コーヒー抽出 | Comments(0)