もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 五感で煎り豆をみる:6 semスキン用のアイコン02

  

2010年 03月 24日

●体調により感覚は毎日変わります。疲れているときは、日を改めて試しましょう。

ト:いれてみる

コーヒー粉の様子を、ペーパードリップ抽出で観察してみます。
(サイフォンやネルドリップでも同様に観察可能です)

まず、湯を注いだ時の粉のふくらみかたに注目します。
コーヒー豆に残されたガス(炭酸ガス)の量が、ふくらみ方に関係します。

 ・勢い良くふくらむ:煎り上がりからの時間経過が短い=鮮度が高いことがわかります。
 ・ゆっくりとふくらむ:ある程度豆が落ち着いて、飲み頃です。
 ・わずかにふくらむ:コーヒーの基本的なおいしさを楽しむことができます。
 ・ふくらまない、湯がしみ込まない:劣化し始めているか、吸湿した可能性があります。

それから、泡立ちを観察します。
きめ細かな泡がたくさん出る場合は、抽出しやすく歩留まりが高いと言えます。
よくふくらんだコーヒー豆はたくさんのコーヒーエキスが出やすい状態です。

大きな泡が出る場合は、豆の加工で何か問題が考えられるか、
または極端な粗挽きにしたときに多い現象です。
歩留まりが低くなる(=コーヒーエキスが少ない)傾向があります。
味見して少し軽いと思ったら、抽出量を加減してみましょう。
[PR]

by mottano | 2010-03-24 09:13 |  コーヒー生豆・煎り豆 | Comments(0)