人気ブログランキング | 話題のタグを見る

もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 ルアック(2) semスキン用のアイコン02

  

2010年 07月 21日

●湯の通過時間は比較的長くなる

大きい底面の出口、大きくドリッパー上部まで伸びるリブ。
ルアックにはこれらの条件があるのに「お湯もちが良い」のです。
類似の外観を持つ、V60やコーノ式よりゆったりと流れます。
別の言い方をすれば、湯を注いでから抜けるまでの「時差がある」。

●湯があふれるほど注いでも流速は変わらない

ドリッパー(フィルター)いっぱいに湯を注ぐと、V60やコーノ式では流速が最大化します。
しかしルアックはお湯持ちがいいのです。
例えれば、メリタでいれるのと良く似た環境となります。

●粉の挽き方を変えて試す
メーカー推奨は中細挽きです。
試しに粗挽きにして比較します。でも湯の抜け方は大きく変わりません。

これは2人用の抽出をする時に顕著な傾向です。
粉と湯が一緒になる時間が長くなることで、コーヒーが充分に溶け出す機会を得られます。
ルアックは濃厚なコーヒーを楽しむ用途に向いていると言えます。

また、条件を変えることでの流速の変化が小さいので、
調節の自由度に関しては小さいと言えます。
いつも同じような仕上がりを求める場合には有効かと思います。

by mottano | 2010-07-21 06:49 |  コーヒー器具・道具