人気ブログランキング | 話題のタグを見る

もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 第一印象:#086コスタリカ semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 15日

●エルバポル農園

コスタリカ、タラス産のハニーコーヒー。
近年エコロジーでも有効とされるパルプドナチュラル方式で精選された銘柄です。
たとえ話に、サクランボの種を挙げて説明することがあります。
果実を食べる(=パルピング)したあとの豆を乾燥させることで、
残された果肉から養分が種子(=コーヒー豆)に移動するのだとか。
はがし残しの果肉の割合が味わいに影響するのだそうで、
コスタリカの生産者はいろいろな果肉除去割合を試しているのだとか。

だったらサクランボの種もおいしくなるのか?というツッコミが入りそうですが、
試したことはありません・・・!

 ***
さて煎りたてから30数時間後の試飲。
ワイニーと言って良いのだろうか、濃厚で甘味を伴った強い香りが放たれます。
甘さの予感。浅めのカラメル香もあります。
煎り豆のアピアランスは、ちりめんじわが残り「もう少し深くしてもいいのでは??」と
思わせるくらいですが、クリーンなくちあたりが煎り止めの適切さを教えてくれます。
試飲の参加者のあちこちから、甘いという声が聞かれました。

ここ最近扱ったコスタリカ産豆の中でも自慢できるアイテムになりそうで、
今後に期待が持てます。

by mottano | 2011-09-15 06:34 |  焙煎豆レポート