もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2011年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 余談:違いの分かる話 semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 02日

●昨日の記事で思い出した

イントネーションの話題を書き込んでからしばらくして思い出したことです。
コーヒーとはあまり関係ないですが、
コーヒーの説明をするとき引き合いに出したことがあります。

 ***
日本人(日本で生活している人)には日本人と韓国人、中国人の違いは「なんとなく」
わかるものです。言葉で表すのは難しいですが。
でも他の大陸のひとから見れば東アジア系はみな同じように見える、はず。

これは逆の例を考えれば解りやすいかも。
例えばヨーロッパ。アングロサクソンとラテン系の違いをはっきり指摘できる東洋人は少ないはず。
イギリス人の中にケルト人がいても区別できないし、
スペイン人の中にバスク人がいてもわからない。
でも彼らには判別できる。だから色々なことが起こる。

 ***
コーヒーの生豆を見せると、初めての人にはみな似たようなモノにしか見えないものです。
でも見慣れてくれば、アフリカ系と南米、カリブ海系の大まかな違いは判別できるようになる。
同じティピカ系でもハワイコナとコロンビアでは違うことが見えてくる。

違いのわかるオトコ、といえば大昔のインスタントコーヒーの宣伝を思い出します。
(あまりにも古いネタですいません)
味聞きや鑑別は特別必要な技能とは思えませんが、
それでも違いがわかったリ感じたりすることは楽しみや面白さがあると思うのです。
[PR]

by mottano | 2011-04-02 23:38 |  mottano頭の中 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 第一印象:#063-064コロンビア semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 01日

●マニアックな企画

#063/コロンビア・メディナ
#064/コロンビア・ペレイラ

 ***
#063-064は同じ地域で同じ品種(ティピカ)のロットです。
生産者の違いをモニタする機会として好適かと思い選びました。
焙煎もできるだけ同じ条件で行いました。

たとえ話をすると、
関西の言葉は関東の人間にはほぼ同じように聞こえますが、
大阪と神戸と京都では色々と違いがあります。
また、同じ大阪でも南北では雰囲気が異なるものです。
(東京でも下町と山の手ではかなりの違いがある、そんなもんかな?)
こうした違いを確かめることができます。

農家ごとのノウハウの違いがこうした差をつけるのだと思われますが、
文字情報ではなかなか語られることもありません。
ぜひ体験していただきたいものです。
[PR]

by mottano | 2011-04-01 23:26 |  焙煎豆レポート | Comments(0)