人気ブログランキング | 話題のタグを見る

もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 食べ物、飲み物には可能性がある semスキン用のアイコン02

  

2010年 02月 05日

と信じている。または信じていたいと思う。

●「八日目の蝉」 角田光代著 中央公論新社刊

物語の後半、たくさんの有形無形のモノを失ってしまった主人公。
生きる希望はあるのだろうか。
そんな時にふらりと入ったラーメン屋。

名店でも名物でもないはずの、その一杯がおいしく思えること。
生きていることは何かを食べることであり、
食べることは喜びにつながる(かもしれない)。
生きていることの実感がここにはある。

食べるもの、飲み物にかかわることで、こうした出会いに関わる「可能性」がある。
ごちそうさまと言われることは、大きな喜びなのだ。
食事や飲み物は、単なる補給ではないのだ。それ以上の何者かになれるのだ。
少し前に読んだ本ですが、思い出しては気持ちを奮い立たせてくれます。

 ***
昨日に続いてコロンビアを飲みながら。
鼻腔をアーモンドの皮のような香りが抜けます。ほんの一瞬です。

# by mottano | 2010-02-05 10:08 |  本棚

semスキン用のアイコン01 なぜコーヒーは3分以内なのか semスキン用のアイコン02

  

2010年 02月 04日

コーヒーを「もっとおいしく」したい。
丁寧にゆっくりと、心を込めていれました。よく聞かれるフレーズですが、
頑張りすぎても報われないことは意外に知られていません。

コーヒーが湯に触れてから、長くても1分以内には主要な要素は溶け出しています。
そして、3分経過した時点ではほとんどの成分は溶け出した状態です。
これは研究により明らかにされています。

 ***
ごく簡単に、手軽な実験を紹介します。
ガラス製の容器を4〜5個用意しておきます。
ペーパードリップの支度をして、まずコーヒー粉全体に湯を注ぎます。(はじめの数秒〜10秒)
いわゆる「むらし」の時間(20-30秒)を挟んで、ゆっくりと湯を注ぎ続けます。
できるだけ湯を注ぐペースは一定に保ったまま、4分ほど継続します。
ガラス製容器は、抽出したコーヒーを入れ、1分刻みで交換します。

4分少々注ぎ続けたところで、抽出開始からおよそ5分経過したことになります。
ガラス容器内のコーヒーの色を観察してみましょう。
色の変化に驚きますよ。ちょっと味見をしてみるのも面白いです。

# by mottano | 2010-02-04 18:15 | ・楽しくいただく

semスキン用のアイコン01 レポート:コロンビア・ウィラ semスキン用のアイコン02

  

2010年 02月 04日

●コロンビア・ウィラ(HUILA)地域産の原料
スクリーンサイズ17up表示、レインフォレストアライアンスのロット。

煎り上がりから時間があまり経過していない時点での第一印象
クリーンカップ、甘味、わずかにミルクチョコレートのような気配。
冷めてもネガティブに転じていないので、まずはOK。

1:ウィラとは?
コロンビアの南部、ほぼ赤道直下の地域。ポパヤンとかナリーニョも比較的近いです。
カップコンテスト(日本風にいえば品評会)入賞ロットを近年は多数輩出しています。

2:レインフォレストアライアンスとは?
http://www.rainforest-alliance.org/main.cfm?id=index_japanese
環境や生産手段への配慮、一定基準を満たした農産物にラベル使用許可を与えています。
類似の認証プログラムとして、JAS有機があります。ルールの厳格さに関しては、
JAS有機の方がはるかに厳しいです。

大事なことですが、これらの認証プログラムは味わいの保証ではないことです。
おいしさの評価は、(あなた)がすることです。

3:テスト方法
業界でカップテストといえば専門の方法があります。
ここでは、「いつものやりかた」テストを主に行います。
いつもお決まりの手順で一杯いれてみて、飲む。
ゆるゆるな手法ですが、手慣れてくればそれなりの精度で評価できます。

煎りたてのコーヒーは、時間を追って数回テストすることになります。

# by mottano | 2010-02-04 11:00 |  焙煎豆レポート

semスキン用のアイコン01 点数は自分でつけるもの semスキン用のアイコン02

  

2010年 02月 03日

●スペシャリティコーヒーの話題。

『スペシャリティコーヒーとは』で検索すると判ることですが、明確な基準がありません。
際立って特徴がある、またはおいしいものを指して言います。

商売のための格付けとも言えますが、これはコーヒーに限らないことです。
妄信は行き過ぎですが軽視する必要もありません。情報のひとつです。

自分の感覚(好きなものは好き、で構わない)を頼りに、
スペシャルなコーヒーを見つけたいものです。
そして、求めるならセンスを磨く努力を続けましょう。

 ***
こういう考えが根底にあるので、積極的にスペシャリティを訴えることは避けています。

ただ私にできることとして、
    ・自分の責任で原料を選ぶ
    ・自分のもつ最新、最善の技術、知識で原料の加工と保管を行う
    ・そして「面白みや楽しみ、話題性のある」ものを紹介する
     これらを大切にしています。地味ですが誠実さのある仕事をしたいと思います。

# by mottano | 2010-02-03 12:18 |  mottano頭の中

semスキン用のアイコン01 レポート:グアテマラ・ウエウエテナンゴ semスキン用のアイコン02

  

2010年 02月 03日

●ウエウエテナンゴ産のSHB
ちょっぴりスパイシーでバランスが良いです。

現在生豆在庫としては、アンティグアとアカテナンゴがあります。
近日焙煎予定です。

 ***
グアテマラ産コーヒーには関心があり、地域別、ブランドごとにテストを継続しています。
ぶっちゃけ好きなんだと言えば話は早いのですが、
奥ゆかしいので(?)遠回しな表現にしています。

# by mottano | 2010-02-03 10:10 |  焙煎豆レポート