人気ブログランキング | 話題のタグを見る

もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 熱さの加減 semスキン用のアイコン02

  

2022年 11月 26日

●ほどほどにがいいけど、塩梅は難しい

2010年にこのブログを書き始めたから、4年に1度のイベントも4回目になる。
コーヒーはそこそこ熱いのがいいけど、
スポーツのイベントはどこか冷静に見ていられたらいいな、というのが最近の気分です。
と、言いつつ。最近作ったブレンドの紹介。
熱さの加減_a0165239_10381758.jpg
勝つか負けるか、わからないから「勝負」なのだと。
わからないからこそ、面白い。

味わいは較べることはできるけど、勝負するって感じではないな。
未知の味わいは「わからないから面白い」という部分だけ共通ですが。



# by mottano | 2022-11-26 10:43

semスキン用のアイコン01 かぼちゃを飾り終えたらかぼちゃを食べる季節へ semスキン用のアイコン02

  

2022年 10月 29日

●外は寒いけど心は暖かくしよう

かぼちゃを飾り終えたらかぼちゃを食べる季節へ_a0165239_11013063.jpg

# by mottano | 2022-10-29 12:18

semスキン用のアイコン01 コーヒー本来の味とは semスキン用のアイコン02

  

2022年 09月 30日

●立ち位置により見える風景は違う

9月も終わり。
船便の遅延がずっと話題になっていたが、結局のところ来るものは来たし、今年もそれなりに楽しめそうだ。中米産が続々やってくるこの頃。

コーヒー本来の味とは_a0165239_16543429.jpg
1:コーヒーは果実の仲間である
どうして最近はコーヒーが「フルーティ」なのか。
コーヒーの果実は果物の一種ととらえても良いみたいだけど、果肉は今の所捨てられる運命にある。食べるつもりがないから、果肉部分を発達させる改良もされない。
その証拠に、カスカラティーと呼ばれる「コーヒーの乾燥果肉」は食べ終わったブドウの皮のような姿をしている。これはお茶にして飲めるのだけど、意外とうまいのだ。

果肉の味わいからコーヒー豆は影響を受ける、というのも経験則で見えてきたことだ。

2:コーヒーは黒くて苦いものだ
コーヒー豆の味わいのうち、フルーティさの部分は保管期間が長くなると失われてゆく。甘みや苦味といった部分は比較的長持ちする。
また、コーヒー豆を少し深く焙煎すると水色は褐色の度合いを深める。最終的に褐色と黒の区別がつかないところまで行く。そして苦味は増す。

保存や保管に耐える要素がいわばコーヒーの骨格で、それは広く知られるコーヒーの姿なのかもしれない。

なので、どちらも間違ってはいない。



# by mottano | 2022-09-30 17:17

semスキン用のアイコン01 次を考える semスキン用のアイコン02

  

2022年 08月 27日

●先に進んでいるものを注目する

ちと厳しい夏だったが、勢いはだいぶ衰えてきたような気がする。
こちらも根性論だけでは対応できなくなったので、合理的な対応を考えるきっかけになった。

そして秋。雲はもう先の季節に進んでいるようだ。
次を考える_a0165239_11272153.jpg
ちと先のこと。
コーヒー豆の品種改良を予測するなら、他の作物で何ができているのか見ておくと良い。

農業はリアリズムで動く。これは昔教わったことで今なお大事なことだ。
より安定・より収益が上がることを目指す。他のビジネスと同じことを考えている。

収量が少ないなら、それが向上するために。
作業性が課題なら、そこを解決するために。
味わいのトレンドはどこへ向かうのか。その時代における「うまい」は何か。

コーヒーより進んでいるのは何だろうね。



# by mottano | 2022-08-27 12:01

semスキン用のアイコン01 熱風6月 semスキン用のアイコン02

  

2022年 06月 25日

●梅雨が明けたような

つい10日前まで、上着が欲しいくらい肌寒い日があったのに。
今日は体温を超えるかも、とまで言われている。気温差はざっくり20度。

熱風6月_a0165239_13394408.jpg
進化(=高度になる?)ものよりも、適応したものが生き残る、らしい。
ならば、暑さに対する耐性がある方が生存の条件的には良いことなのだろう。

これを、身近なものに置き換えると。。



# by mottano | 2022-06-25 13:44