人気ブログランキング | 話題のタグを見る

もっと楽しいコーヒー

mottano.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 2020年3月の風景 semスキン用のアイコン02

  

2020年 03月 25日

●揺らぐけど沈没しない、船

世の中ざわついているこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
今日の体温は36.5度。こんなことが話題になるなんて。

2020年3月の風景_a0165239_11021286.jpg

今のところ、コーヒー豆の流通に関しては通常どおりです。
港や卸元の倉庫に支障が生じたとしても、
当面=数ヶ月先までの原料確保はしています。

こんな時だからこそ、
コーヒー楽しんで、しばしリフレッシュして欲しいものです。

今週はドライオンツリーの新豆が入っています。
荒々しさを多少含んだ、新豆らしい姿。

画像のコピー:Fluctuat nec mergitur、昔の人はいいことを言うものです。



# by mottano | 2020-03-25 11:04 |  mottano頭の中

semスキン用のアイコン01 静かな日々 semスキン用のアイコン02

  

2020年 03月 07日

●静けさに慣れること

久しぶりに静かな日々を味わっています。
ご存知の通りの事情ですが集会やイベントに類することは軒並みキャンセル。
外出も近所が多くなりました。

静かな日々_a0165239_17322649.jpg
晴耕雨読。
次のアクションのために必要な準備の時間です。

静けさに慣れれば、
それまで聴こえなかった、小さな音が耳に届きます。
日頃テンションを高めている時、周囲が賑やかな時に気づかなかったこと。
それらに耳を傾けて。

きっと明るい明日が来る、そんなお気楽なことは言えないけど、
どんな形にせよ明日は来るという前提で、準備しています。




# by mottano | 2020-03-07 17:39 |  mottano頭の中

semスキン用のアイコン01 共に生きる semスキン用のアイコン02

  

2020年 01月 11日

●時代とともにコーヒーも変わる

2020年。
東京では久しぶりにオリンピック開催とかですが、後々記憶に残る年になるのだろうか。

さてコーヒーは。
世界のあちこちで、新しい試みが進んでいる様子です。
いくつかは実現して、新しい味わいとなってお届けできると思います。

消費国でコーヒー豆を扱う立場としては、
目の前にやってきたもの=豆と向き合って、
その中から適切な答えを思いつくことになります。これはいつの世でも変わりません。

ということで、今年もコーヒーで楽しんでください。
共に生きる_a0165239_16521280.jpg

# by mottano | 2020-01-11 16:52 |  mottano頭の中

semスキン用のアイコン01 めりくり semスキン用のアイコン02

  

2019年 12月 24日

●光陰矢の如し

もうクリスマスです。早いものです。
忙しさを口実に、無精が加わって更新が滞っています。

零細事業者には文字どおりの冬らしいのですが、
コーヒー豆はそれなりに売れています。
そしてmottanoを屋号に掲げてから、10年。
たくさんのご支援とご支持に感謝です。
めりくり_a0165239_13595977.jpg
2010年代は、あっという間に過ぎようとしています。
コーヒーにとってはどんな10年だったのか。
ひと口で言えば「多様性」かな。

21世紀の幕開けは「コーヒー危機」で幕が開けて、
そこを乗り越えた先に、スペシャルティコーヒーが普及し始めて。
次のハードルはリーマン・ショックと2011年の地震。

いろんな味わいの、出来のいいコーヒーが楽しめるようになるには、
まずは目先の危機を乗り越えることだったんだ。そう気付いた次第。

それなら。
次の10年も乗り越えてみましょう。
たぶん、一筋縄では行かないと思うけれど。
その代わりに、うまいもんに巡り合えるかもしれない。

最後に、当事務所の年末年始スケジュール。
時代に逆行して、元旦の初売りなど計画しています。

では2020年が良い年になりますように。



# by mottano | 2019-12-24 14:12 |  mottano頭の中

semスキン用のアイコン01 コーヒー生豆図 semスキン用のアイコン02

  

2019年 10月 11日

●煎る前のすがた

コーヒー生豆が届く。

毎年同じような見た目の豆がやってきて、同じように焙煎して、
同じような色の液体(=コーヒー)が作られています。
事情通の方には、何を今さらな話題ですが、コーヒー豆生産も農業です。
なので、技術は年々変化したり進歩したり、しています。
天候などの条件も毎年違うので、全く同じものは2度とできません。

昔のコーヒーは美味しかった。
この仕事をしているとよく聞かされる言葉です。
美しい記憶は大事です。
本当のところは、どうだろう?いつも自問しています。
答え?ありますよ。

コーヒー生豆図_a0165239_15163900.jpg
画像はコスタリカとインドネシア産。ちょっと変な色になってるのは写真のせいです。


# by mottano | 2019-10-11 15:20 |  コーヒー生豆・煎り豆